若年層から人気の指輪|ケイ・ウノで個性が輝く|人生を共にするリング

ケイ・ウノで個性が輝く|人生を共にするリング

男女

若年層から人気の指輪

指輪

若い世代の身に付け方

婚約指輪と結婚指輪の違いには、ダイヤモンドの付加価値がありますが、その他にも永遠の愛の証としてのメッセージ性をデザインに起用するケースが挙げられています。特に若年齢で婚約を発表するケースも、近年のブライダル事情として挙げることができます。婚約指輪も、代表例となる一粒石で立て爪のシンプルなものより、ピンクダイヤやプリンセスキャラをイメージしたスウィートなデザインが人気を集めています。また、ジュエリーデザイナーにも若い世代が増え、友人や知人を通し、ブランドにこだわらない婚約指輪を製作するなど、男性側は職人に目を向ける傾向にあります。男性が女性へ贈る婚約指輪ですが、若い世代からはファッションジュエリー同様の身に付け方が展開され、重ねづけだけではなく、ペアでの付け方も支持されています。

贈る理由を知る

婚約と結婚とで、2種類の指輪があることすら知らない男性も意外と多くいます。また、婚約指輪は必ず贈る必要はなく、指輪以外では結婚後にも身に付けられるネックレスやピアスなどのジュエリーを贈ることもマナー違反ではないために可能です。ですが、婚約指輪を贈る・もらい受けることを常識とする見方も根強く、婚約者である女性にとっては、周囲に結婚をイメージさせるためのアイテムでもあります。結婚式で結婚指輪が必要なように、結納や顔合わせの際に披露することが女性側のステータスになっていることも大きく影響しています。しきたり、家柄なども影響するため、ただの装飾品とは違う意識を持つことが求められるケースも、男性側は気にかけるべき内容です。